1. HOME
  2. works
  3. 採用メーカー
  4. Kigoshi Custom Guitars

Kigoshi Custom Guitars

神奈川県小田原市に工房を構えるギターブランド Kigoshi Custom Guitars 様でクリア蜜蝋ワックスをご活用いただける事になりました。

無垢の荒材から製材・整形・組み上げまで一貫してオールハンドメイドで製作されるのが最大の特徴です。楽器だけでなく、家具や木製キャビネットなど良材を活用した木工製品にご活用いただけるかと思います。

簡単にはなりますが、メーカー紹介としてご紹介させていただきます。

代表モデルがこちら

Kigoshi Custom Guitar KT Pro-AJM Custom

ヘッド形状は統一して、3:3タイプで構成されており、ゴトーペグとタスクナットが採用されている事が多い様です。

一見するとテレキャスターのように感じられるルックスですが、実際には、セミアコもしくはフルアコをイメージした方が適切であるというエレキギターです。
Fホール(ボディに開いた穴)のあるモデルもありますが、上記モデルも内部はセミホロウ形状になっています。
ボディ中央と外周以外の内側をくり抜き、トップ材を貼り付ける事で独特のエアー感を得る事のできる加工方法です。まさしくセミアコの様な構造になっているエレキギターという事になります。

それでいて、ブリッジはウィルキンソンのトレモロタイプが採用されているため、アームを仕様したテクニカルな演奏も可能になっています。

材の構成では、ホンジュラスマホガニーのフレイムメイプルトップというGibsonを思わせる構成で、特にボディ厚が薄いという印象もありませんが、3キロ前半の重量に収まっている取り回しの良いスペックになっています。
レスポールで同様の構成の場合、4~5キロあってもおかしくありませんが、セミホロウという加工だけでなく、響きの良い材を選んで作るという制作スタイルで取り回しの良いギターになっているのかと思われます。

実際のサウンドをGibsonフルアコと比較検証したタメシビキ!の動画がありますので、是非ご覧ください。

オールハンドメイドはまさしく言葉のままで、YouTubeやTwitterなどで加工の様子が投稿されている事があります。大手楽器店で並ぶギターブランドの多くが、CNCと言われるコンピューター制御で切削加工を行う機械を用いて、ボディやネックを共通の図面データから制作し、仕上げるという制作工程で作られています。その為、同じモデルの色違いや仕様違いなどがラインナップとして並び、生産数を増やす事で価格を抑える事ができています。

Kigoshi Custom Guitarsは、ネックシェイプの成型やボディ加工など全て手動機械で手掛けて制作されています。そのままでは楽器用材として制作に使えない荒材の製材から、切り出し、接着加工を手作業で行う為、制作本数が限られており、楽器店に入荷できる在庫がないというギターブランドになります。
トーンやサウンドにこだわりの強いプロジャズギタリストから、サウンドで注目を集め、コミュニティに広がり欲しくても楽器店に在庫がなくどうしても気になる方は工房に直接訪ねる方もいます。
Kigoshi Custom Guitars ユーザーブログ

最近になり、JAM2とのコラボによって実機をレンタルでき、自宅でじっくりと試す事ができるようになりました。
楽器店の試奏では分からない、手に取ってみたいという方にはぴったりのサービスかと思いますので、是非ご確認ください。在庫品に関してはタイミングによりますが、デジマートまたは楽器店の在庫を確認した方が良さそうです。オーダーに関しては随時受付中との事ですので、興味のある方は是非お問い合わせください。
JAM2 楽器レンタルサービス Kigoshi Custom Guitars

Kigoshi Custom Guitars デジマート掲載ページ

Kigoshi Custom Guitars公式サイト

Kigoshi Custom Guitars Twitter

ACCESS
Kigoshi Custom Guitars
〒256-0816 神奈川県小田原市酒匂 2-7-2 1F
TEL 0465-44-4110
営業時間 10:00AM〜17:00PM
出張で不在の場合がございますのであらかじめご連絡ください。
水・木曜日定休 ほか不定休有り
JR東海道線鴨宮駅南口徒歩10分

関連記事